水周りで特に重要なトイレ交換の時期

私たちが生活している中で水周りはどれも欠かせない存在です。

その中でもトイレは私たちが生きていく中で特にないといけないものです。

そんなトイレに水漏れなどの故障が起きるようになったら、そろそろトイレ交換の時期になってきます。

トイレは新品であれば10年はもつとされています。


しかし、その10年を超えるといつ故障するかわからないため、ちょっとした異常にも目を配る必要があります。



トイレの主な故障原因はトイレのタンクの部品やウォシュレットの故障が挙げられ、便器のみの寿命は長いといわれています。


これらが原因で水漏れが起きると床に水が染み出してしまい、下の階に影響が出てしまいます。これがマンションやアパートの場合だと、自分の家の下の階の人に迷惑が掛かってしまうため、早急な対処をしなければなりません。

しかしトイレ交換は修理よりお金がかかるため、なかなかすぐ決断というのは難しいかと思います。
そのためまずは初期症状のうちにトイレ修理をして、今後の予定と照らし合わせてトイレ交換の時期を決めることをおすすめします。


まだ長く住み続けるから近いうちに予算を組もうなど、ライフプランに無理が無いように計画を立てましょう。

交換すればその分また10年使い続けることができますし、現在掃除しやすいタイプのものや節水型のものなど、以前より掃除が楽になったり使用料金が節約できるメリットもあります。

給湯器交換の専門知識を身につけましょう。

これらのことを考えて、より良いタイミングでのトイレ交換をおこなうようにしましょう。

トイレ(便器)の交換・トイレの価格(最大67%OFF)の事なら【住設ドットコム】